うつ病の治療・症状でお悩みの方へ

現役医師であり統合医療の第一人者である崎谷医師が、うつ病の症状・原因・治療に悩む方に対して情報を発信しています。

パニック障害(急性不安障害)(1)

パニック障害(急性不安障害)の症状

以下にあげる症状のうち4項目以上があればパニック障害(急性不安障害)と判断されます。パニック障害(急性不安障害)は以下の症状が10分以内にピークに達します。
●動悸、頻脈
●発汗
●震え
●息切れ
●窒息感
●胸部不快感
●吐き気、腹部不快感
●めまい、ふらつき
●現実離れ、離人感
●自分をコントロールできないことへの恐れ
●死ぬことへの恐怖
●しびれなどの異常感覚
●寒気あるいはのぼせ
パニック障害(急性不安障害)(1)(2)(3)
次ページへ:自律神経失調症

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • (ご相談内容を厳選して、選考の上ご返答させて頂きます。)
  • お申し込みはコチラ

うつ病のTOP

パニック障害(急性不安障害)(1)