うつ病の治療・症状でお悩みの方へ

現役医師であり統合医療の第一人者である崎谷医師が、うつ病の症状・原因・治療に悩む方に対して情報を発信しています。

うつ病の治療P.2

米国精神医学会の大うつ病性障害治療ガイドライン

それでは精神医学の本場であり、今や100 人中10人がうつ病と診断されているアメリカのうつ病治療ガイドラインをご紹介します。

American Psychiatric Association:Practice Guideline for Major Depressive Disorder in Adults,1993 (日本精神神経学会(監訳):米国精神医学会治療ガイドライン−大うつ病性障害,医学書院,2000) より抜粋。

III. 治療指針のまとめ

  • A:指針に付記した符号について
  • B:一般的事項
  • C:急性期
  • D:継続療法
  • E:維持期
A:指針に付記した符号について
各指針の後には、その信頼度などについて3段階に分類する符号[I]〜[III]が記してある。それぞれの項に記載される病態に対する治療効果を、臨床的な信頼度に応じて3つの段階に分類した。
T.臨床的な根拠が明確であるもの
U.確信度はやや劣るが信頼に足るもの
V.個々の患者の状態によっては勧められる選択
         続きを読む:うつ病の治療P.3へ
治療P.1P.2P.3P.4P.5P.6P.7P.8P.9P.10P.11P.12P.13

無料問診相談申込み

  • 崎谷医師(医学博士)の
  • 無料問診相談申し込み
  • (ご相談内容を厳選して、選考の上ご返答させて頂きます。)
  • お申し込みはコチラ

うつ病のTOP

うつ病の治療P.2